建物外壁診断

業務内容

非接触の外壁診断、ひび割れ調査により、コストと時間を大幅に削減。
赤外線サーモグラフィーによる外壁劣化診断
3次元座標計測による外壁ひび割れ計測

建築基準法の改定により平成20年度4月から特殊建築物の定期報告に外壁面の全面打診調査が必要となりました。

手の届く範囲を打診、その他を目視で調査し、異常があれば全面打診などで調査し、加えて竣工、外壁改修などから10年を経てから最初の調査の際に全面打診などにより調査

外壁の全面打診などの調査方法は次の2方法があります。
外壁調査範囲に足場等を設置し、テストハンマーで全面打診
高所での調査には足場を組む必要があるため、多くの費用と時間がかかる。
赤外線サーモグラフィーで外壁の劣化状況(温度異常)を測定
非接触・非破壊の調査方法で短時間に広範囲の計測が可能。安全性・作業性・経済性に優れる手法である。
→JAIRA法による赤外線サーモグラフィー建築物外壁調査診断
→非接触ひび割れ計測システム「KUMONOS」

点検システムのご紹介

非接触ひび割れシステム「KUMONOS(クモノス)」
●構造物のクラックを、遠隔地からKUMONOSで幅・位置・長さの3次元計測
●KUMONOS技術者検定保有者(認定番号01009号)による正確な計測
●各種構造物のクラック調査に威力を発揮
JAIRA法による赤外線サーモグラフィー建築物外壁調査診断
●経済性・安全性に優れた赤外線サーモグラフィーによる調査
●診断結果を熱画像として視覚的に記録可能
年度調査種類調査方法調査箇所調査建物の種類調査棟数調査面積(㎡)
平成24年6月定期報告赤外線調査愛知県店舗

1

6,023

平成24年6月定期報告赤外線調査大阪府店舗

1

4,581

平成24年6月定期報告赤外線調査兵庫県店舗

1

5,318

平成24年6月定期報告赤外線調査兵庫県店舗・駐車場棟

1

830

平成25年7月定期報告赤外線調査石川県社員寮

1

994.4

平成25年10月定期報告赤外線調査石川県学校校舎

11

54,989

平成26年3月定期報告赤外線調査石川県公共会館

1

3,300

平成26年7月定期報告赤外線調査愛知県社宅

9

3,754

平成26年7月定期報告赤外線調査静岡県社宅

1

329

平成26年7月定期報告赤外線調査京都府社宅

3

268

平成26年7月定期報告赤外線調査兵庫県社宅

2

1101

平成26年7月定期報告赤外線調査滋賀県社宅

2

458

合計

34

81945.4