橋梁点検・調査診断

業務内容

橋梁の形や設置場所など、各種条件に合わせ、最適な点検方法をご提案します。

目視確認だけでなく、カメラも利用することで、橋梁の状態を確実に記録します。

カメラでは、静止画だけでなく動画も活用し、高品質な点検を実施します。

橋梁点検支援ロボット 「視る・診る」(みる・みる) 特許第 4782163号       国土交通省 NETIS登録番号 KK-110063-VR/ QS-170024-VR

歩道付き橋梁や、トラス橋など、橋梁点検車の使用が困難な橋で威力を発揮。
操作車は、幅1.0mとコンパクト、歩道など橋梁点検車の立ち入りが困難な箇所も点検可能。
水平アームは最長10mで幅員15~20mまでの橋梁上部工の点検調査が可能。
鉛直ロッド最長10.7mで、桁高3~4mまで調査が可能。

橋梁点検 ポールカメラシステム PCS1008D

最高1200万画素の静止画撮影、カメラモードを動画に設定しておけば動画保存も可能
軽量の多段伸縮式カーボンロッド製ポールで機動性にも優れます
ポール最長伸度9m (11mタイプもあります)
動画・静止画同時に保存する場合は、別途動画保存用のレコーダーが必要です

橋梁点検車 BT-200

トンネル点検

橋梁点検支援ロボット「視る・診る」実績(2008年~2019年3月末)