橋梁点検支援ロボット「視る・診る」 近況報告(ロボットを活用した模擬点検編)

 橋梁点検支援ロボットを活用した橋梁定期点検作業の社内教育の一環として、協力会社の社員様にも参加して頂き福井県福井市内で、弊社が点検業務受注案件の橋梁を教材に点検支援ロボットを活用しての操作及び模擬点検の訓練を行いました。その様子をご紹介します。(文責 南出)
福井市内の橋梁で「視る・診る」を活用した定期点検訓練の始まりです。

福井市内の橋梁で「視る・診る」を活用した定期点検訓練の始まりです。

最初は「視る・診る」の基本の基である水平アームの取り付けから。

最初は「視る・診る」の基本の基である水平アームの取り付けから。

次にカメラ台車の配線をやってみよう。協力会社の皆様も真剣です。

次にカメラ台車の配線をやってみよう。協力会社の皆様も真剣です。

当社の熟練オペのY森さんが手本を示します。見つめられて緊張気味…。機材の扱いは「やさしく」を連発しています。

当社の熟練オペのY森さんが手本を示します。見つめられて緊張気味…。機材の扱いは「やさしく」を連発しています。

次に打診&クラックゲージ台車の組立に移ります。カメラ台車よりパーツが多くて難しいです。

次に打診&クラックゲージ台車の組立に移ります。カメラ台車よりパーツが多くて難しいです。

配線が難しいなあ~。貴重な意見です。改良が必要です。

配線が難しいなあ~。貴重な意見です。改良が必要です。

ロボットアームを取り付けました。

ロボットアームを取り付けました。

先端の打診&クラックゲージユニットの取り付け。取り付け位置が高くて腕が痛い。ロボットアームを取り付ける前にユニットを取り付けましょう。

先端の打診&クラックゲージユニットの取り付け。取り付け位置が高くて腕が痛い。ロボットアームを取り付ける前にユニットを取り付けましょう。

組立完成。現場に向かいます。

組立完成。現場に向かいます。

現場到着。アームの降下に入ります。

現場到着。アームの降下に入ります。

水平アーム降下開始。

水平アーム降下開始。

ケーブル処理も経験してもらいます。

ケーブル処理も経験してもらいます。

初めての操作。熟練オペY森さんの指導にも熱がこもります。うん、なかなかセンスがありますね。

初めての操作。熟練オペY森さんの指導にも熱がこもります。うん、なかなかセンスがありますね。

高精細ライブ映像を見ての点検作業。「肉眼より見えます!」オペレータの連携が大切です。

高精細ライブ映像を見ての点検作業。「肉眼より見えます!」オペレータの連携が大切です。

「視る・診る」操作で最も難しい打診&クラックゲージ台車でのクラック幅の測定試験を行っています。

「視る・診る」操作で最も難しい打診&クラックゲージ台車でのクラック幅の測定試験を行っています。

チョーキングされたひびわれにクラックゲージをあててクラック幅を測定します。

チョーキングされたひびわれにクラックゲージをあててクラック幅を測定します。

新米オペ「クラック幅0.20mmです。」熟練オペY森氏が一言「合格」

新米オペ「クラック幅0.20mmです。」熟練オペY森氏が一言「合格」

操作の基本を教えています。

操作の基本を教えています。

訓練完了。積込みです。これが一番緊張します。

訓練完了。積込みです。これが一番緊張します。

無事積込み完了です。

無事積込み完了です。

無事終了しました。お疲れ様です。

無事終了しました。お疲れ様です。

お問い合わせ

0776-23-7155

受付/8:30~17:30
(日曜日・祭日除く)

メールでのお問い合わせ
橋梁定期点検・外壁診断等の調査依頼・機材レンタルはこちらから
お知らせ一覧